もっとぎゅっとペット保険


もっとぎゅっと新ペット保険

おすすめポイント

 
◆ 治療 日本国内の動物病院での獣医師による治療が対象となります。かかりつけの動物病院はモチロン、旅先での急な受信でも安心です。
 
◆ インターネット申込 インターネット申込なら即日申込手続が完了します。初年度保険料5%割引も適用されます。
 
◆ 通院・入院 共通支払限度額内であれば、通院・入院1日あたりの保険金額の制限も、支払日数の制限もありません。長期間にわたる通院・入院でも治療に専念できます。手術1回あたりの保険金額の制限も、手術の回数の制限もありません。
 
◆ 手術保険金 共通支払限度額内であれば、手術1回あたりの保険金額の制限も、手術の回数の制限もありません。高度な手術でもしっかり補償します。


2つのプラン

もっとぎゅっと新ペット保険は、70%のプレミアプラン50%のスタンダードプランの2つのプランがあります。
入院、通院、手術による治療費に補償割合を乗じた額を保険金としてお支払いします。
保険金支払は年間共通支払限度額の範囲内となります。

2つのプラン

保険金は、通院・入院・手術の治療費を合算し、補償割合を乗じて保険金を算出します。ただし、年間を通じ、共通支払限度額が上限となります。
※補償の開始時には、病気の場合15日間の免責期間があります。
※1 がん追加保障特約は、初年度契約の場合、契約日から30日間の免責期間があります。がん追加補償保険金を
   支払った場合、この特約は消滅します。
※2 ペット賠償責任担保特約の保険金額は、損害額から免責金額(自己負担額)1,000円差し引いた金額で、1事故の支払
   限度額300万円です。



 2つの特約で充実補償

     
がん特約説明 ペットが保険期間中に、獣医師によって「がん」と診断されたとき
がん追加補償保険金として一律万円(1回のみ)
※この保険金をお支払した場合、この特約は消滅します。 契約日から30日間の免責期間があります。
       
ペット賠償責任特約説明 ご契約のペットが他人にケガをさせたり、他人ものを壊したりして、法律上の賠償責任を負った場合
1事故につき
支払限度額300万円まで補償
ペット賠償責任特約
損害額から免責金額(1,000円)を差し引いた金額で、支払限度額が上限
ペット賠償責任保険金を支払わない主な場合犬
  • 被保険者と同居する親族に対する賠償責任
  • 被保険者被保険者が所有、使用または管理する財物の損壊についての賠償責任
※詳しくは約款に記載の「ペット賠償責任担保特約」をご確認ください

加入条件



保険金を支払わない場合



ページトップへ戻る